不動産売買・活用 / 住宅ローン問題解決の専門家

株式会社オハナ不動産

寄稿・講演・出演情報

オハナ不動産では、これまでに数多く手掛けてきた不動産の売買や活用の事例、相続問題や住宅ローン問題の解決などから得られた知見を、寄稿・講演・出演を通じてみなさまへ提供しています。

倉敷商工会議所会報 - 726 2017(平成29年)/06/15

リースバック


倉敷商工会議所会報を読んで下さっている皆さま、こんにちは!オハナ不動産の山部真一です。先日、息子の小学校の運動会へ行ってきました。前の日の夕方に息子と家の近所の公園で走る練習を一時間行い、バトンパスからどう走れば運動場一周を上手く走ることが出来るかを二人で考え実践してみました。息子は六年生なので最高学年のリレーは一番最後、朝からドキドキワクワクしながらリレー種目を待ちました。そして、リレーが始まり息子へバトンパス。三番目でバトンを受け取りましたが、第一コーナーで一人抜き、第三コーナーでまた一人抜いてトップで次の走者へ!それを見ていた山部家は大盛り上がり(笑)久しぶりに本気で応援したような気がします。息子よ、いつも楽しませてくれてありがとう。今月は「2017 五島長崎国際トライアスロン大会」に出場するので私も息子に負けず頑張ってきたいと思います。

6月は『リースバック』についてお伝えします。

リースバックとは家や工場、事務所を一旦売却し、その後は賃料を支払いながら利用し続けるシステムです。ローンが支払えなくなっても住み慣れたわが家にどうしても住み続けたい場合には、リースバックが有効です。正確には「セール・アンド・リースバック(セール&リースバック)」と表現しますが、これは信頼できる個人投資家や投資会社など、第三者に一旦自宅や事務所を買い取ってもらい、その家主と賃貸契約を結び、売却したお金を元手に賃料を納めながら、その家や事務所を利用し続けるというものになります。近所の人たちにも事情を知られる事なく今まで通り住み続けることができ、任意売却の発展系とも言われています。たとえローンが支払えなくなったとしても、家を売ったお金が一括して入ってくるため資金繰りが楽になるほか、まとまった資金ができれば再び買い戻すことも可能です。家を売却するだけが選択肢ではありませんので、詳しくは専門家に確認することをオススメします。

個別ページ


倉敷商工会議所会報 - 734 2018(平成30年)/02/15 木曜日

競売と任意売却




倉敷商工会議所会報を読んで下さっている皆さま、こんにちは!オハナ不動産の山部真一です。2月6日に「岡山でローン未払いでマイホームが競売にかけられる前に絶対知っておくべき任意売却というすごい選択」という本を出版しました。本の内容は何らかの事情(離婚、教育ローン、転職など)で、住宅ローンが払えなくなってしまった人に、自己破産や競売以外にも選択肢があることを漫画などを使ってわかりやすく伝えています。現在住宅ローンの支払いで困っている方だけでなく、これからマイホームを購入しようと考えている方にも読んで頂きたい内容です。「知っている」と「知らなかった」では、大きく結果が変わってくることがあります。最寄りの書店さんにもありますので、一度手にしてみて下さい。

2月は『競売と任意売却』についてお伝えします。


競売(けいばい)とは、裁判所の指導のもと、業界紙、インターネットを用いて競売広告を行い、入札制度により最高価格を申し出たものに売却することです。そして、任意売却(にんいばいきゃく)とは、借りていたローンが払えない、滞納しているなどで、いずれ所有不動産が競売になってしまうことが予測されるような場合に、競売入札が開始される前に債権者(銀行さん等の金融機関)の合意をとって任意に売却することです。当社が日頃から取り組んでいる「任意売却」をオススメする理由として、競売のデメリットは、①市場価格より大幅に安い価格で売却されてしまう。②引越し費用は全額自己負担。③強制立ち退きを命ぜられる場合も。④業界紙やネットで公告され、周囲に知られてしまう。ことなどです。そして、任意売却のメリットとして、①市場価格に近い価格で売却することが可能。②売却代金から、引越し資金を確保することが可能な場合がある。③売却後の残債の返済方法の話し合いが進めやすい。④一般の物件と同じように販売する。ことなどです。当社では、住宅ローンで悩んでいる方の相談会を行っています。今までお会いした沢山の方が、「どうにかしたいとは思っていたが、なかなか誰にも相談できなかった…。」とおっしゃっていました。専門家に相談することにより、借金や返済方法の知識を得るだけで考え方が変わり心に余裕が生まれ冷静に判断できるようになります。「誰にも相談できない…。」と一人で悩まず、専門家に相談することをオススメします。

個別ページ


倉敷商工会議所会報 - 732 2017(平成29年)/12/15

老後破産


倉敷商工会議所会報を読んで下さっている皆さま、こんにちは!オハナ不動産の山部真一です。先日、「山部さん、商工会議所の会報書いてますよね? いつからやっているんですか?」と、質問されました。会報のバックナンバーを確認してみると、2013年1月からのスタートで、5年経っていることにびっくり!今回で記念すべき60回目でした。月日が経つのは早いものですね。文章力はなかなかアップしませんが、これからも時間の流れに逆らいながら、更に運動能力をアップさせていこうと思います。

12月は『老後破産』についてお伝えします。

団塊の世代(昭和22年~24年生まれ)を中心に、定年退職後から住宅ローンを払えなくなるケースが増えています。現在、住宅ローンを組んでいる世帯の三割の方が60歳以上で、完済年齢が70歳超えという高齢者世帯も珍しくありません。住宅ローンを組んだ当初の生活設計や貯蓄計画、退職金や年金収入の見込み等が予定通り実現せず、多くの高齢者が住宅ローン問題に苦しんでいます。独り暮らしの高齢者は日本に600万人。その半数近い300万人が生活保護水準(生活費月額13万円)を下回る年金受給額で生活しています。実際に年金世代で生活保護を受けている人の数は70万人程度ですので、実に200万人以上の人が生活保護を受けずに暮らしている事になります。中には、ひと月の年金支給額が6万5千円で、1回の食事はたった百円という方も居らっしゃいます。身寄りがなく、身体を壊しても病院に行く事や介護施設に入る事も出来ないのが実情です。本来であれば、年金で賄えない不足分を生活保護費で補うべきですが、預貯金や資産(持ち家等)があることで生活保護の審査が通らないケースや、年金をもらっている手前、生活保護は受けられないと思い込んでいる高齢者も多く、救済支援が行き届かない実態がそこにあります。今や“老後破産”は対岸の火事ではありません。どこの家庭でも起こりうる危険性をはらんだ、大きな社会問題として認識すべきでしょう。長年勤め上げた会社を定年退職したとしても、昨今の不景気のあおりを受け、期待通りの退職金を受け取れるとは限りません。中小企業に至っては、退職金の大幅削減や全く出ない会社も決して少なくないのです。“会社員として地道に働きさえすれば、退職金が出る”といった事はもはや幻想でしかありません。そもそも、退職金という制度は法律で規定されておらず、経営者の一存で業績が悪化した為に出さないとなれば、それまでです。当てにならない退職金では、住宅ローンの返済に充てることも、旅行や大きな買い物をする事も、老後の生活の糧として年金を補う事も、極めて難しい時代と言わざるを得ません。

個別ページ


VISION OKAYAMA 岡山を元気にする経済情報誌 2018.02.19 No2001

任意売却の指南本を出版 ローン破たん前に読んで


住宅ローン滞納者に任意売却による解決を提案する(株)オハナ不動産(倉敷市笹沖395-7)の山部真一社長がこのほど、「岡山でローン未払いでマイホームが競売にかけられる前に絶対に知っておくべき任意売却というすごい選択」を出版した。
山部氏は、2016年秋にも小冊子を発刊し反響を呼んだが、「より多くの人に任意売却について知ってもらおう」と書籍化を計画した。
自らの経験に基づき「住宅ローン破たんの4大原因」という離婚、教育ローン、転職・老後破産による破たん事例を漫画で紹介。どのような対処法があるかを分かりやすくまとめた。
価格は1200円(税別)
県下の各書店で販売中。
山部氏は大手住宅メーカーから独立しオハナ不動産を開業。
8年ほど前から全国的にも数少ない任意売却のスペシャリストとして700件を超える相談を受け付けており、「任意売却に成功するポイントは早期の相談に尽きる。住宅を建てる前の人に読んでもらい、任意売却という手段についてしっておいてほしい」と話している。


個別ページ


岡山・備後 経済リポート №1618号 2018(平成30年)/02/20

岡山・備後
経済リポート 2018/02/20 1618号

不動産業の(株)オハナ不動産(山部真一社長)は住宅ローンの支払いが困難な人向けの相談業務を推し進める考えだ。
一般的に住宅ローン関連の困りごとを抱える人は情報不足もあり相談相手が居ないケースが多く、同社ではそのニーズを汲み取る。
また、山部社長は自社の活動を広く周知させるため、書籍「任意売却というすごい選択」(ザメディアジョン刊)を発表した。同社は任意売却向け相談業務に特化した不動産会社として県内では知られており、山部社長に今後の会社の展開などを聞いた。

住宅ローン関連の相談に特化した経緯を
「会社設立から不動産売買の仲介業務を主力にしていたが、競売物件にかかわる中、住宅ローンの支払いが出来ない顧客の相談に乗ったのがきっかけ。相談に的確にこたえようと(一社)全日本任意売却支援協会に加盟しサービスをブラッシュアップした。特化する目的で会社事務所を携帯電話ショップ2階のテナントに移し、人目を気にする人でも来社し易くしたほか、女性スタップも加えた。今では年間100件超の相談案件に応じている。」

一般的に住宅ローンに困った人は相談口が見つからないケースが多い
「支払いが困難な場合、弁護士に相談に行くケースがあるが、事務的な処理を進められるケースが多かった。弊社は平均60-90分、しっかり話を聞いた上で改善策を提案する。
県南地区を中心に広島県福山市など広域に展開しており、相談相手の近隣の士業と幅広く連携するのも強みだ」

債権関連は法改正も頻繁です。サービス面でのブラッシュアップについて
「任意売却に関する勉強会に積極参加し情報収集するほか、所属する団体の同業経営者との情報交換も強化。所属するNPO法人住宅債権支援センターでは理事を務めるなど中心的な役割を担う組織もある。相談案件は離婚や転職での所得不足など、概ね前向きではない内容が多いので所属する女性スタッフと共にコーチングを受けるなどで思考と行動のバランスを保っている」

今後の会社の展開を
「住宅エオーン関連の相談業務はニッチな部分だが、弊社は県内で特化した先駆性を武器に相談案件を増やしたい。今後は企業の中小零細企業の事業再生についても不動産整理を含めたサポート・コンサルサービスでの参入を目指している」

山部真一
1975年5月19日生まれ。
専門学校岡山ビジネスカレッジ卒業。
大手ハウスメーカー勤務を経て06年に起業。
日創研岡山研究会やつくぼ商工会、倉敷商工会議所青年部などに所属。
座右の銘は「まず動く」。
趣味はトライアスロン、サーフィンでトライアスロンでは3月のアイアンマン台湾に出場予定。
岡山市内在住。


個別ページ