不動産売買・活用 / 住宅ローン問題解決の専門家

株式会社オハナ不動産

寄稿・講演・出演情報

オハナ不動産では、これまでに数多く手掛けてきた不動産の売買や活用の事例、相続問題や住宅ローン問題の解決などから得られた知見を、寄稿・講演・出演を通じてみなさまへ提供しています。

週刊 Vision岡山 - 2012年6月

支持広がる「任意売却」支援

オハナ不動産 住宅ローン滞納者に有利な解決実現


(株)オハナ不動産(倉敷市笹沖395-7、山部真一社長、資本金300万円)は、住宅ローンの返済が困難になった人を救済する「岡山任意売却.com」のサービスを提供。有利な条件で再スタートが切れる解決策として支持が広がっている。

住宅ローンの支払いを延滞すれば競売にかけられるのが一般的な処理方法だが、転売目的の不動産業者が落札するケースが多いため売却価格は市場価格より2~3割は安くなる。さらに、残債が多く残り引っ越し代もねん出できないなど、債務者にとって厳しい条件でせっかく手に入れたマイホームを手放すことになる。
任意売却にすればこうした問題は解消され、期限も競売が7~8ヵ月かかるところを約1ヵ月で処理できるが、債権者との交渉が必要になるほか、書類や手続きの煩雑さ、弁護士に相談した場合は法的な正義(自己破産)が優先されることもあり採用例は少ないが、山部社長が県外の自己啓発セミナーなどに参加して任意売却を専門に扱う業者と知り合い「専門性を持たなければ生き残ることはできない」と判断。ノウハウを学び、3年ほど前から県下初の任意売却に特化したサービスを始めた。
不況によるリストラや収入減、さらに離婚により稼ぎ手が減り住宅ローンを返済できなくなるケースが増加。現在は月間10~15件の相談が寄せられるようになっており、債権者の金融機関などからも業務への評価が高まっているという。

山部社長は「ローンを苦に自殺まで考える人もいる。早く対応するほど選択肢は多くなるので、返済できなくなる前に気軽に相談してほしい」と話している。
相談無料。問い合わせは同社(電話0120-087-233)へ。

一覧ページへもどる