不動産売買・活用 / 住宅ローン問題解決の専門家

株式会社オハナ不動産

寄稿・講演・出演情報

オハナ不動産では、これまでに数多く手掛けてきた不動産の売買や活用の事例、相続問題や住宅ローン問題の解決などから得られた知見を、寄稿・講演・出演を通じてみなさまへ提供しています。

岡山・備後 経済リポート №1618号 2018(平成30年)/02/20

岡山・備後
経済リポート 2018/02/20 1618号

不動産業の(株)オハナ不動産(山部真一社長)は住宅ローンの支払いが困難な人向けの相談業務を推し進める考えだ。
一般的に住宅ローン関連の困りごとを抱える人は情報不足もあり相談相手が居ないケースが多く、同社ではそのニーズを汲み取る。
また、山部社長は自社の活動を広く周知させるため、書籍「任意売却というすごい選択」(ザメディアジョン刊)を発表した。同社は任意売却向け相談業務に特化した不動産会社として県内では知られており、山部社長に今後の会社の展開などを聞いた。

住宅ローン関連の相談に特化した経緯を
「会社設立から不動産売買の仲介業務を主力にしていたが、競売物件にかかわる中、住宅ローンの支払いが出来ない顧客の相談に乗ったのがきっかけ。相談に的確にこたえようと(一社)全日本任意売却支援協会に加盟しサービスをブラッシュアップした。特化する目的で会社事務所を携帯電話ショップ2階のテナントに移し、人目を気にする人でも来社し易くしたほか、女性スタップも加えた。今では年間100件超の相談案件に応じている。」

一般的に住宅ローンに困った人は相談口が見つからないケースが多い
「支払いが困難な場合、弁護士に相談に行くケースがあるが、事務的な処理を進められるケースが多かった。弊社は平均60-90分、しっかり話を聞いた上で改善策を提案する。
県南地区を中心に広島県福山市など広域に展開しており、相談相手の近隣の士業と幅広く連携するのも強みだ」

債権関連は法改正も頻繁です。サービス面でのブラッシュアップについて
「任意売却に関する勉強会に積極参加し情報収集するほか、所属する団体の同業経営者との情報交換も強化。所属するNPO法人住宅債権支援センターでは理事を務めるなど中心的な役割を担う組織もある。相談案件は離婚や転職での所得不足など、概ね前向きではない内容が多いので所属する女性スタッフと共にコーチングを受けるなどで思考と行動のバランスを保っている」

今後の会社の展開を
「住宅エオーン関連の相談業務はニッチな部分だが、弊社は県内で特化した先駆性を武器に相談案件を増やしたい。今後は企業の中小零細企業の事業再生についても不動産整理を含めたサポート・コンサルサービスでの参入を目指している」

山部真一
1975年5月19日生まれ。
専門学校岡山ビジネスカレッジ卒業。
大手ハウスメーカー勤務を経て06年に起業。
日創研岡山研究会やつくぼ商工会、倉敷商工会議所青年部などに所属。
座右の銘は「まず動く」。
趣味はトライアスロン、サーフィンでトライアスロンでは3月のアイアンマン台湾に出場予定。
岡山市内在住。


個別ページ


週間ビジョン岡山 №1945号 2016(平成28年)/10/24

 住宅ローン滞納者に任意売却による解決策を提案する ㈱オハナ不動産(倉敷市笹沖395-7)の山部真一社長がこのほど、小冊子「住宅ローンの支払いに困ったときに読む本 ~ 任意売却入門講座 ~ 」を発刊した。

リーマンショック直後より鎮静化したとはいえ、現在も同社には年間100件程度の相談が寄せられており、同分野に特化して6年間で培った経験に基づく任意売却の指南本として制作した。

任意売却のメリット、業者選びのポイント、Q&Aなどを盛り込んだ全100ページ建て。当初500部印刷したところ予想以上の反響で、急きょ第2版を印刷。希望者には無料で配布している。

山部社長は「当事者はどうしても視野が狭くなり、金融機関にとっても交通整理の役割を担う存在が必要。ローン返済に困る前に小冊子を読んで、任意売却という制度について知っておいてほしい」と呼び掛けている。

11月29日に無料相談会

オハナ不動産は、11月29日午前9時半~同11時半、倉敷市笹沖180のくらしき福祉プラザで、住宅ローンの滞納に関する無料相談会を開催する。

3組限定の事前予約制。問い合わせは同社(電話086-435-0010)へ。

個別ページ


週間ビジョン岡山 №1959号 2017(平成29年)/02/27

空き家・空き土地セミナー


県下不動産7社

県下7社で構成する不動産売買ネットワークのエージェント7グループは、3月12日午後1時半から、倉敷商工会議所で、「空き家・空き土地に関するセミナー&相談会」を開く。

空き家・空き土地の扱いや相続問題で困っている人に好条件での売却や活用のヒントなどを提供するイベント。セミナーでは、㈲ブルズ・エージェンシー(岡山市)の江田透社長が、放置してはいけない5つの理由について解説するほか、㈲エステート・マエタニ(同)の前谷昭典社長が、戸建て住宅とマンションのリノベーションの実例を発表する。

セミナー、相談会ともに参加無料。 定員20人。
申し込みは同グループ(電話0120-604-880)へ


個別ページ


倉敷商工会議所会報 - 733 2018(平成30年)/01/15

任意売却の費用


倉敷商工会議所会報を読んで下さっている皆さま、こんにちは!オハナ不動産の山部真一です。11月11日(土)にトライアスロンのレース「アイアンマン70.3 マレーシア ランカウイ」に参戦してきました!関西国際空港からクアラルンプール経由で大会が開催されるランカウイ島に入りました。海外でのあるある話のようなことですが、乗ってきた飛行機に自転車が積まれていませんでした(汗) 結局、自転車は次の便で到着したのでよかったのですが、それまでランカウイ空港の人に「いつ自転車は届くの?自転車はどこにあるの?」と聞いても「さあね?明日には来ると思うよ?」といった感じで、あっけらかんとしていました(笑) ランカウイ島の気温は25℃~30℃、湿度は80%~90%と蒸し暑く夏の服装で過ごすことができる気候でした。【スイム1.9km 34分51秒】朝7時過ぎにスイムスタート!第1ブイを曲がるころには前の方の集団
(30位~40位)に入ることができていたので、人との接触もほとんどなくロープ際をキープして泳ぐことができました。【バイク90km 2時間47分2秒】バイクスタートして直ぐに上り坂で、坂を超えたらコース上に野生の猿が多数出没(汗) しかし、猿は自転車が風邪を切るようなスピードで走っていても全くよける気配なし…。日本では経験できない素敵なコース設定でした(笑)その後、アップダウンのコースをクリアしフラットなコースになるとグングンとスピードを上げていきました。しかし、色々とあって90キロ地点で審判に止められてペナルティ(5分間停止)をもらい(泣)その後、ショックで頭の中が真っ白になり、ペナルティをもらったショックと熱中症で自転車に乗りながら何回も嘔吐してしまいました…。そんな感じでフラフラとなんとかバイクフィニッシュまではたどり着きました。【ラン21.1km 2時間5分41秒】なかなか気分も体も乗らないままフラフラとランスタート。後半15キロ超えてから体が戻ってきたのでそれからはキロ5分を切るペースで最後まで走ることができました。【トータル 5時間40分25秒 86位/580人 年代別13位】目標タイムを大幅に超えてのゴールでした…。レース展開が、良い時もあれば上手くいかない時もあることを分かっているつもりでしたが、やはり上手くいかない時は悔しいです。あらためて当日頑張ることも大事ですが、それよりもレースの日までにどれだけ予定した練習をこなし積み上げ、体調管理が出来ているかが大事なことだと認識できたレースになりました。次のレースは3月のアイアンマン台湾に参戦予定です。気持ちよくゴールを迎えて、6月の五島長崎につなげていきたいと思っています。【追伸】最終日、ランカウイ空港からクアラルンプール空港、そして関西国際空港に帰ってきました。荷物が出てくるところで、「もしかして、また届いてないんじゃないの?」と笑いながら荷物を待っていると、今度は自転車だけでなくスーツケースも届いていませんでした(笑)その日は手荷物だけで帰宅し、自転車とスーツケースは3日後に自宅に届いたので良かったのですが、みなさんも海外ではよくあることみたいですので気をつけて飛行機に荷物を預けて下さいね。

1月は『任意売却の大きなメリット』についてお伝えします。

任意売却の大きなメリットの1つとして、売主が持出しで負担する費用はありません。仲介手数料や抵当権等の抹消費用が発生してもご自宅などの不動産を売却した代金から配分される為、ご相談者が持ち出して負担する費用はかからないのです。その上、ローン残高より低い価格での売却であっても債権者の合意範囲で、引越し代等の名目で現金を受け取れる場合もあります。競売では自費で引越しする必要がありますが、任意売却では転居費用及び新生活への準備金として売却代金から捻出し、現金を受け取れる可能性があるのです、

個別ページ


倉敷商工会議所会報 - 724 2017(平成29年)/04/15

不動産登記


倉敷商工会議所会報を読んで下さっている皆さま、こんにちは!オハナ不動産の山部真一です。3月19日(日)に人生初のミドルレース出場者約1,600人の「アイアンマン70.3台湾」に参加してきました。
【スイム1.93km 35分48秒 136位】溜め池みたいな大きな湖がスイム会場。5人ずつのウェイブスタートでスイムスタートし、全員での一斉スタートではないのでバトルはありませんでした。水もきれいで波も無いコースなので泳ぎやすかったです。このレースに間に合うようにウェットスーツを新しくオーダーし、大会出発前ギリギリに届いたのでプールで試し泳ぎをしてみましたがイマイチしっくりこないままでの当日へのスイムになりました。スイムスタートしてからは「焦らないように、力まないように、リズムよく」と考えながら、後のバイクとランに影響しないように泳ぎました。水からあがりバイクに向かいながら、「もう少し頑張って泳いでもよかったような…。」と少し心に余裕を持ってバイクが置いてあるところまでラン。初のミドルでのスイムは余裕持ってのスイムアップになりました。
【バイク90.12km 2時間37分24秒 146位】バイクスタート前に日本から持って行ったウイダーインゼリーを一気に飲むと、一気に飲みすぎて喉につまり、そのまま目の前にあるウェットスーツに全部リバース(笑)その後、バイクを押してトランジションエリアをこえてバイクにまたがり、バイクスタート。台湾のバイクコースはほぼ平坦なスピードの出るコース設定。バイクスタートから少しの時間はスイムからバイクへの体の切り替えを行いながら徐々に上げていき、20分ほど経つと体が慣れてきたので、向かい風と坂道以外は、時速37~38キロのイーブンペースで最後まで乗ることができました。残りの20キロからはもう少し上げることができたような気がしながらバイクフィニッシュ。バイクコースは国道を使っての二車線の右側を一車線ずつ使って二周回行って帰るコースでした。前の自転車を追い抜く際に左横に出ると前から対向してくる自転車がすごいスピードでくるのでとてもスリルのあるコースでした。バイクを降りて次のランスタートへ向けてバイクを押して行きながら、「行きすぎず安定したバイクパートだった」と、自分では思いながらバイクを自分の場所へ置きました。
【ラン21.08km 2時間6分49秒 161位】ランシューズを履いて、ストレッチをしながらトコトコとランスタート地点へ。ランコースもほぼ平坦なコースだと聞いていましたが、実際に走ってみると軽い登り基調のあるコースで、周りに建物が無い公園を使ったとても日当りの良い三周回のコースでした。「三月でも台湾の南側は石垣や宮古と同じぐらい暑いよ!」と聞いていましたが、走っている途中から給水所の体にかけて冷やす水が無くなり、給水車が給水に行っても全然間に合ってないぐらいの真夏のランになりました。ランペースは1キロ5分ペースでランをスタート。3キロを超えたあたりから1キロごとに10秒ずつペースダウン。10キロを超えた頃には1キロ6分ペースまで落ちてしまいました。「頑張れ俺!負けるな俺!」と何度も口ずさみながらその後もどんどんペースダウン。20キロ手前からは1キロ7分オーバーとなり、熱中症&脱水になりながらも最後は笑顔をつくってゴールしました。
【トータル5時間32分43秒 163位】今回は1月の中旬までは三種目とも自分なりには上手く調整をしてきたつもりでしたが、足を痛めてしまい一ヶ月以上ランとバイク練習ができませんでした。おかげさまでスイムが集中して練習できたので少し上達したと思います。レースが終わってみてこの半年間を振り返り、「練習も必要で休息ももっと必要」と感じました。2017年は残り三レース出場予定です。ケガ無く練習出来て納得できるレースが一回はしたいと思います。



4月は『不動産登記』についてお伝えします。

不動産に関する権利変動を公示するために行われるのが登記です。1個の不動産ごとに登記を編成する物的編成主義がとられています。不動産登記の手続きは、不動産登記法とその付属法令および規則に詳細な規定が置かれ、これに基づいて登記所で行われます。不動産の登記には、表示に関する登記と権利に関する登記とがあり、表示に関する登記は登記記録の表題部に、権利に関する登記は登記記録の権利部に記録されます

個別ページ